返済計画

不動産を担保としたローンや融資というものは、不動産を所有していることが前提で成立するものです。したがって、不動産を所有していない人は利用できません。
たとえば、持ち家ではなく、賃貸に住んでいる場合などは、利用できないのです。

しかし、不動産というものは、自宅は賃貸であっても、土地を所有しているという人もいます。こういった人は、賃貸に住んでいても、不動産を担保としたローンや融資を利用することができます。そんなことから、必ずしも、持ち家に住んでいることは必要でないのです。

そして、不動産を担保としたローンや融資というものは、その不動産の価値によって、融資できる金額も変わってきます。やはり、換金性の高い不動産を所有していたほうが、融資できる金額も高くなることは間違いありません。

キャッシングやカードローンというものは、担保となるものを求められません。そのため、いざ、返済ができないとなると、大変なことになってしまいます。しかし、不動産を担保としたローンや融資というものは、いざとなったら、担保としていた不動産を手放すことで解決できます。そういう意味では、安心して利用できるといえるでしょう。

ただ、住んでいる家などを手放すことには抵抗を感じる人も多いと思われます。そういうことを考えたら、やはり、きちんと返済計画を立てた上で利用しないといけないでしょう。不動産を担保とすることの意味をきちんと理解することが大切なのです。”